« ありがとうございました | トップページ | 70年代フォーク小僧のギターケース と言えば »

2013年6月 1日 (土)

旭くん Marchen メルヘン・ギター

Photo1_2
「メルヘン」ブランドのギター。ラベル剥がされてます。
Marchen (ドイツ語なので、aの上に点々が付きます。)

木曾鈴木の職人がプロデュースしてギター製作を開始、昭和38年にKAWAIの傘下に入っている模様です。

そんなに本数でていないでしょう。
コレは 70年代 当時価格二万円以下の下位機種あたりだろう と推測してます。
それでもホールを覗いてみると、合板技術が良さそうな感じです。
スケールが635mm。ドレッドノートスタイルですが、ショートスケール。

Rio_utama49img338x6001366048716xqbo
「神部利緒」さんの マニキュア・アートが表板全面とヘッドに施されてます。
 (どんな方なのかは存じませんが)

Rio_utama49img338x6001366048756pbrm

ペグは交換済み。ピックガードはこの後 剥がしました。
ポジションマークを 表にあわせて 何かしようと思ってます。

元々、KAWAIのギターって、フレットが太くて低いんですが、
さらにすり合わせで低くなってます。弾きづらいのなんの。

問題が多々あるので、調整をJACOゲストのマコヒューさんに委託。

サドル交換、ナット調整、ブリッジピン調整、ネック接合部補修、シール痕消し。
ブリッジ裏、謎の木片の存在も解明していただきました。

なんとソフトケースの補修までやっていただきました。
使えるギターになってきました。感謝多謝。

高級機のような音圧や深みには適うはずがないものの、明るく軽快に鳴ってくれて
弾いていても爽快な気分が味わえます。特に2弦がやたらと響きます。

本日のJACOで お目見えでした。ありがとうございました。

Photo2_2

|

« ありがとうございました | トップページ | 70年代フォーク小僧のギターケース と言えば »

所有物」カテゴリの記事

コメント

このギターカッコイイですね!

あ、突然のコメントすみません。

わたくし神部利緒さんのファンでして、神部さんのペイントしたギターを何本か持ってるんですが、これは初めて見ました。

氏のペイントは質がとても細かい物から正直粗い物までありますが、デザイン性に富んでいますよねっ^^

突然のコメント失礼致しましたっ(汗)

投稿: Nice | 2013年7月 8日 (月) 23時55分

>Niceさん
コメント感謝です。
自分は神部さんを存じませんが、何か惹かれるものがあって入手いたしました。
いまもヤフオクに何本か神部さん作品が出ていますね。依頼も受けるようですが。
機会あればNiceさんのギターもお見せくださいませ。

投稿: とむ | 2013年7月 9日 (火) 00時05分

返信してくださったんですねっ〃

ありがとうございますm(__)m

あの人は、元々はメジャーミュージシャンだったみたいですよ。
デザインは、絵の他にはアパレル関係のデザインをやられているとか…

僕のギター達は、神部さんにオーダーして名前を入れてもらったり、恥ずかしながら詞的な文字が入っているので、少し恥ずかしいですが、(笑)
機会があればどこかに掲載してみます^^

オーダーなんかは、やはり値段に応じてクオリティーにかなり差があるようです(笑)

投稿: Nice | 2013年7月10日 (水) 13時50分

>Niceさん
こちらこそ情報感謝です。
なるほど、元ミュージシャンの方ですか。

このメルヘンにピックガード貼るなら、白のパーロイドなんか似合いそうです。黒やベッコウは…合わないな。

いっそこのままか、木目調にしてみたいなんて思ってます。コレで路上でもやれば目立つだろうなぁ。やりませんが(笑

ペグ交換などで、使えるようにはなりましたが(既に改造費が購入価格を越えてます)フレットの低さが辛いので、細いゲージに弦交換するつもりです。

投稿: とむ | 2013年7月10日 (水) 23時32分

木目調良さそうですね^^

ライブ等ではきっとかなり目立てますよね。
メルヘンのギターを所有したことがないので音等もわかりませんが、機会があればどこかで見せて頂きたいです^^

投稿: Nice | 2013年7月11日 (木) 19時58分

>Niceさん
検索するとメルヘン・ギター情報が何件か出ますが、上位機種コレより上位機種でした。あまり情報無いですね。KAWAIのカタログなど探しても、メルヘンブランドは見つかりませんでした。
こちらのは当時のラインナップの下位機種・廉価版だと思われます。ドレッドノートスタイルなのにショートスケール(ボディ上部がその分つぶれているデザイン)なのが特徴的で、ブリッジピン孔がアーチ上配列なのがKAWAI関連らしいな、と思います。
ブリッジ裏には、調整お願いしたマコヒュー氏によって、おそらくクランプが接着剤漏れで取れなくなって、そのまま無理やりピン孔加工した、と思われる木片が発見されました。(笑)高級機なら、検品ではねられる代物ですな。
一番は見た目のインパクトです。はい。楽しいですね、こういった思い切ったアート施すのも。若い頃は受け入れなかっただろうなぁ。自分(汗)しかし、フレット低すぎ(泣

投稿: とむ | 2013年7月14日 (日) 23時51分

浦島コメントで恐れ入ります。

Marchen W200でしょうか。
インパクトのあるオリジナルギターですね。

ごくまれに見かけますが希少なのかは不明です。
現時点でYahooオークションにW200がありました。

当方はMrachen MW-35を所有しています。
マーチン D35コピー風のモデルです。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: TARK | 2015年2月 8日 (日) 14時26分

>TARKさん
コメント感謝です。
そうですねぇ。一般的には、こんなブランドもあったんだってのが正直なところでしょうか。

MW-35、大事になさってくださいませ。

投稿: とむ | 2015年2月10日 (火) 00時09分

このギターは、現在、お世話になっている佐久市池田楽器もしくOASIS346にあります。
飲んでちょっと弾いて歌うときのギターになってます。活躍中。

投稿: とむ | 2015年11月19日 (木) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ありがとうございました | トップページ | 70年代フォーク小僧のギターケース と言えば »