« | トップページ | 松本フォーク村 »

2015年12月21日 (月)

はるいろ  めぐる季節~i-narichoの素描

 はるいろ yoshiy 


モノクロに凍てついた 空と森と大地が
陽に溶けていろめく あか・みどり・きいろ
温んだ風 南から 人ごみをぬけて
この街に華やぐ 季節をつれてくる

はるいろの街はいま きみの頬 ばら色に染めて
子供達の笑い声が 希望が夢が あふれてく


水色のスニーカー 駆け出す少年
転がったまんまの 銀色の自転車
恋する人は夢中で 愛の唄 さけぶ
公園の昼下がり 陽だまりのベンチ

はるいろの街はいま きみの瞳 虹色に変えて
心閉じた大人たちを やわらかな笑顔に 変えてゆく

時計が止まった 鈍色の大地 セピアの街は 波に飲まれた
大いなるチカラに無力を嘆いた
青いまんま 空と海 心は 折れそう

はるいろの街はいま 壊れた夢が 悲しみを越えて
歩き出した君の前の 冬はいつか終わるから

終わらない冬は ありはしない 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
めぐる季節〜i-narichoの素描  yoshiy


外苑あたりの 銀杏の並木が  黄金に色づく 季節を重ね
過ごした年月がいつしか  この街での日々が追い越してゆく

赤い綿ぼこり 苛立ちの夏  白々うねる風 とまどいの冬
離れた故郷 想う気持ちに似た  大事な人がいる 街


ガラスのキャンバス 透かして見てる  変わらぬ景色が 愛しいこの街
見慣れた稲荷 赤鳥居  願いよとどけと 視線投げて想う日々

萌黄のモザイク 野を染めゆく春  瑠璃色にじむ空 とまどいの秋
時が経つことを 忘れてしまう  大事な人と生きる 街

 なじみの年老いた人が  拾い集めてる 思い出の欠片
 なぞるように温もり 求めても  おざなりの愛では 満たしつくせない

萌黄のモザイク 野を染めゆく春  瑠璃色にじむ空 とまどいの秋
時が経つことを 忘れてしまう  大事な人と生きる 街

Youtube
旧珈琲屋さん店内にて収録。CDより、かなりゆっくり・・・(汗

https://youtu.be/82kByQVfH2Y

|

« | トップページ | 松本フォーク村 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | 松本フォーク村 »