« 早くも二度目のライブ演奏「雨の佐久平」 | トップページ | fmさくだいら »

2016年4月21日 (木)

チャレンジステージ、ナゼカ今回も「雨の佐久平」

半音下げて、改定版演奏。

前日夜に、録音もやってしまいました。
9日土曜日、一時間半で、伴奏、歌、パーカッションとすべてテイク1で録音という、
ノリと勢いで音源完成させました。
じぇりぃ使用のソラちゃんギターの音にオドロキ。
そしてM2チャン(ナイロン弦)録音での初使用でしたが、高い評価。
M2ちゃん=MATANO MASARU 1976年CLASS600 (当時定価6万円?)
俣野勝(MATANO MASARU)は、
アストリアスの前身:明光楽器立ち上げメンバーのお一人だったはず。
MY楽器Kさんから、「現行の三十万クラスと勝負できる音」との評価でした。
実際、部分的にフレット音痴なのと、低音の量感がやや乏しいけれど、良い音だと思います。
MIX終了して、自分たちで聞いてますがさて、この音源をどうしようか。
まずは、Fmさくだいらに持ち込みか。

|

« 早くも二度目のライブ演奏「雨の佐久平」 | トップページ | fmさくだいら »

コメント

とむさん

こんにちは!

雨の佐久平 ええですねぇ
完成度があがってしっとりした感じに
何度も聞かせてもらっております。

ところでなんですが、改訂版は
当初のキーより半音下げ?ですか

個人的には以前のキーのが
じぇりいさんの声に張りがあって
好きだったのですが・・

でも、ええ曲です
村下孝蔵メロディー×演歌って感じで(^O^)/

投稿: ササン | 2016年4月24日 (日) 13時22分

ササンさん ´ω`)ノドモ コメントサンクスです。昨夜、また演奏してきました。
「コレはCDにははいってないのか?」って、コッチか・・・やはり話題はこっちなのか~。

「あめさく」キーは、じぇりぃが唄ってみて本人的には「低くしてドスと艶に焦点を合わせたい」と申しております。
しっとり感を取るか、歌い上げたときの張りを取るか、でしょうか。オリジナルなんで、歌い手の希望と、プロデューサーの判断と、さてどちらを採用していくかですねぇ。
(誰だ?プロデューサーは?)
唄いやすそうなのは、低いほうみたいです。

「はるいろ」は、録音後に逆に半音上げるようになりましたし、唄いこみでしばらく葛藤つづくかもしれません。
・・・ま、一度録音してとにかく渡しちゃったから、流れるのは半音低いほう。いまのところ「Fmさくだいらのローカル番組」でしか、かかりませんけどね。サイマルやってるから全国で聞けますから、リクエストしてもらえば、反応あるかも。(サクラ仕込んでどうする?)

今後どうすんだ~?
5月22日の臼田・小満祭(こまんさい)のサブステージで歌ってきます。佐久平一般の反応やいかに?

投稿: とむ | 2016年4月25日 (月) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早くも二度目のライブ演奏「雨の佐久平」 | トップページ | fmさくだいら »